希望の春

春爛漫、この季節は、別れや巣立ちの三月、四月です。

卒業と進学、かたや就職や転勤で大変お世話になった人たちとも別れ、

それぞれ未来に向かって自立していく・・・

ある意味ではこんなに素晴らしく、希望に満ちたシーズンは他にはないと思う。

というのも、小学生から中学生、中学生から高校生、そして大学へ成長し、希望を勝ちとった人!や、少し違った人!またいろいろな方向へ、それぞれの人たちがここから未来へ、力強く進んでいけるように、心から送りたい。

『己に負けないよう!! ファイト!・ファイト!』である。

 

0 コメント

4月のことば 温故知新

新年度のスタートです。気分もあらたに頑張りましょう。

4月のことばは「温故知新」です。

意味は、昔の事柄や前に習ったことをもう一度調べたり考えたりして新しい知識を得て自分のものとすること。

 

 例としては、

どんな科目でも、基礎を学ばないと新しい発見、知識を習得をすることはできない、温故知新が重要です。

0 コメント

3月のことば『切磋琢磨』

3月のことばは、平昌冬期五輪にちなんで、切磋琢磨を選びました。

切磋琢磨の意味は

「仲間同士、互いに励まし合い、競い合って向上すること」です。

切磋・琢磨…どちらも学問、錬磨、精神や人格などを向上させるという意味です。

 

 

冬期五輪の競技で日本選手団らの活躍により13個のメダルを獲得しました。

そして選手たちの活躍の陰には、それぞれの種目で『切磋琢磨』し実を結んだ選手、あと一歩及ばなかった選手も私たちにいっぱい感動をもらいました。本当に有り難うです。お疲れさまでした。

 

残すところ約1週間後に公立高校入試が迫り、受験生の皆さん『切磋琢磨』してきた今、結果を発揮する時です。

当日いかに力を最大限に発揮するかは、落ち着いて確実に解くことが大切です。

得意科目でしっかり伸ばして合格を勝ち取りましょう。

体調管理にはくれぐれも気をつけて、満足いく受験にして下さい。

頑張りましょう。

 

 

0 コメント

2月のことば『臨機応変』

2月のことば『臨機応変』です。

 その時その場や状況に応じて適切な手段をとることです。

 

臨機とは その時や場合に臨んでという

応変とは 突然の思いがけない変化に応じての意味です。

 

さて、臨機応変に対応しましょうと言われても、その時の状況に応じることは難しいですね。

私たちはその時、その場はどんな状況か、常に目や耳や雰囲気を見て感じとり、今はどんな場合なのか考えて自然に行動を起こしていることが素晴らしいですね。

 

0 コメント

新入塾生 無料体験授業キャンペーン!

 

苦手科目、伸ばしたい教科、わからない単元を先生がマンツーマンで『わかりやすく』 きめ細かく指導します。

慶塾の無料体験授業でお試しください!

 

     個別指導『慶塾』の特徴は

●きめ細やかな指導でよく理解できます。

●1授業120分の個別指導です。

●部活動に合わせて曜日、回数を選択できます。

●一人ひとりの目標を見すえて学習進度を立て志望校に合格できるよう、

 講師一同全力で指導し応援します。

0 コメント

1月のことば『一念発起』

新年明けましておめでとうございます

  希望校に合格できますよう

  心より祈願いたします。

あと一歩しっかり頑張っていきましょう

 

さて1月のことば『一念発起』です。

この意味はある目標を成し遂げようと決意すること。

一念発起とは仏教用語でこれまでの気持ちを改めて意を決して仏門に入るという意味からきています。

年頭にぴったりのことばです。

それまでの考えを改め熱心に励む!『一念発起して勉学に励む』

そうです、自分の目標をたててそれに励むことが大事です。

 

0 コメント

12月のことば 無病息災

時の過ぎるのは早いです。

この1年を振り返って思うこと、「無病息災」に過ごせたことで今月のことばとしました。

無病息災とは  字の如く病気もせず、災いもなく、健康に暮らすことです。

 

息災とは仏教用語で「天災・病気・犯罪などの一切の災害を消滅させる」の意を表しています。消滅させるのは仏の力で止めるという意味から、しいては家族が家庭円満に暮らすことに通じます。

皆さん、今年を1年を振り返って何を思いましたか。

 

0 コメント

冬期講習 生徒募集 7日間特訓!!

冬休み短期集中! 7日間特訓!がんばろう~

中学3年・高校3年生は

今までの積み上げた成績プラス短期集中7日間特訓で希望校を勝ちとる!

もう一つ上の目標校を目指す! 残りの日々をどうどう勉強するか!

冬期講習で苦手な課題を基礎から応用まで苦手をわかるまで個別指導、

実力アップしましょう!

 

小学5・6年、中学1・2年、高校1・2年生は

2学期まで習った学習は次につなげていく重要な内容となっています。

冬期講習ではこれまでの学習内容を総復習し、やり残した弱点はわかるまで個別指導!3学期に備えステップアップします。

 

 

0 コメント

11月のことば『一視同仁』

11月のことばは『一視同仁』です。

意味はすべての人を差別なく公平に愛することです。

「一視」とは同じように見るの意、

「仁」は思いやり 優しさのこと、

「同仁」は全てのものを同じように愛するという意味になります。

同人と書くのは誤りですから気をつけましょう。

 

誰にも分け隔てなく、平等に愛することや差別でもめ事や、事件などにつながっています。平等に愛することや差別のない人の環境にしなければなりませんね。

 

0 コメント

10月のことば『千変万化』

10月のことば「千変万化」です。

読み方は、せんぺんばんかと読みます。

「千」と「万」は数が多いたとえで、千回も万回も変化する意味になります。

 

このところの国際情勢や、国内情勢などさまざまに変化してきわまることがない、

また世界的に環境や気候がめまぐるしく変化しています。

 

 

 

0 コメント

9月のことば 一粒万倍

今月のことばは『一粒万倍』です。

 

少ないものから非常に多くの利益を得ることのたとえ。

そのことから小さなものでも粗末に扱ってはいけないという戒めです。

 

「一粒」は一粒の種のこと。

「万倍」は一万位のことで元は仏教の言葉で一つの善い行いをすればたくさんの善い結果がもたらされることのたとえです。

(一粒は…いちりゅうと読みます。間違えないようにしましょう。)

小さなことでも善いことをすれば万倍になることは素晴らしいことですね。

 

0 コメント

今月のことば 「万里一空」

昨年4月に載せた万里一空を再度書きました。

『万里一空』…⦅世界はどこまでいっても空は一つ、すべてのものは一つの世界にとどまっている⦆の解釈から

 

この夏休みでは、受験生はもちろん運動や習い事を一生懸命頑張っている生徒さんにこの夏に、『万里一空』目的、目標、やるべきことを見失わず励み頑張り続けることは、今頑張っていることは一つの目的に通じているのです、とても響きのいい言葉ですね、頑張りましょう。

  

0 コメント

7月のことば『一意専心』

一意専心、意味は、他のことには目もくれずそのこと一つだけに心を集中させるの意です。

一意」とはひたすら一つのことだけに心を注ぐの意で 類以後として一心不乱、一生懸命などがあります。

 

例文として、

「前期は成績が悪かったけど後期は一意専心努力して成績を上げます。」

一意専心、の気持ちを忘れず日々練習に励んで勝利したいと思います。」

こんな感じで一意専心の四字熟語を使います。

0 コメント

夏期講習で飛躍の夏を!

皆さん 長ーい夏休み、どう過ごしますか?

それぞれの家庭での夏の計画はいろいろですが、家庭学習は最も重要です。計画表を作成し実行したいものです。1学期、前学年で弱点や課題を夏期講習でもう一度学習する良い機会です。

勉強はコツコツ継続し学ぶことが自分の力なり、「コツコツやる気の学習を!」講師一同一人ひとりの生徒に向き合いながら夏期講習がんばります。

夏休みは1,2年生は1学期にやり切れてない課題を、3年生は夏休みの間に理解できてない課題をじっくり取り組むよい機会です。

是非、学習計画をたて、夏期講習では理解できてない単元を克服しましょう。

この夏の生活のリズムを崩さない、規則正しく、体調や健康管理に気をつけて生活を送りましょう。

0 コメント

6月のことば 我田引水

今月のことばは、田植えの季節にちなんで『我田引水』にしました。

自分の利益になるように物事を進めることです。

この意味は、昔 田植えの時期みんなで平等に分けなければならない水を自分の田にだけ引き入れようとすることから言われるようになりました。

例えば、みんなのことを考えずに物事や話しなどを自分の都合のいいように変えたり進めたりすることに使われています。

 

0 コメント

5月のことば『悪戦苦闘』

今月のことばは『悪戦苦闘』です。

意味は苦しみながら懸命に戦い努力することです。

悪戦は不利な状況の中で強敵に苦戦すること。

類義語として苦心惨憺(くしんさんたん)千辛万苦(せんしんばんく)、苦しみながら一心に努力する意味の同意語として使われる言葉です。覚えておきましょう

0 コメント

新学年 スタートダッシュ!

新学年に進級し1ヶ月がはや過ぎて・・・

新1年生は期待と緊張を抱き、2年生は学校生活に慣れ学習も新しい気持ちをもって進級し、3年生は進路を考える学年となり自己の目標を立て日々頑張っていきたいですが!

なぜかこの緊張感から通常の生活になっているのでは!!

新学年になった時のこの緊張感を忘れないで頑張って欲しいです。

なぜならここから『新しい学年のスタートダッシュ!』なのです。

目標をしっかり決め日々努力を怠らないよう頑張る。

1年は『光陰矢の如し!』

悔いを残さないよう今を全力で! 突っ走れー

 

まずは目標を一学期の最初の中間テストでスタートダッシュ!

●勉強はコツコツ、ひとつひとつ積み重ねて学ぶことなり。

 計算する、書いて覚える、声を出して読む、自分なりに工夫し、自分が得意だと思うことを取り入れて勉強してみましょう。

 これが早道ですよ。

0 コメント

4月のことば 一望千里

4月のことば 「一望千里」です。

意味は広大な眺めを一目で見渡せることです。

一望とは見渡す限りの意

千里は広大なの意味

 

晴れた日の山に登って『一望千里』の頂に立つ、こんな情景の山に登ってみたいですね。

 

 

0 コメント

新学年に向かって!

卒業おめでとうございます。

志望校に見事合格でき本当に嬉しく思います。

受験生にとっては半年?、いや1年?終わってみれば、良き思い出となった人、少しばかり悔いの残った人であったか、どちらにしても4月から新しい学生生活が始まります。先をしっかり見据えて頑張ってください。

新中学生、新高校生、そして各々進級していく人たちへ贈る言葉は、

「一刻千金」わずかな時間でも沢山のお金に匹敵するという、昔から時間はとても大切だと考えられてきました。

1年の経つのは非常に早いです。目標を掲げて、内申点を上げていく、部活動で活躍する等しっかり気持ちをもって楽しく日々生活していきましょう。

 

0 コメント

3月のことば『大願成就』

受験生にとってはこの3月の試験に、晴れて希望校に合格できますように今まで勉強してきたことを全力で

頑張ってほしいです。

 

3月のことば「大願成就」にしました。

受験生たち全員が志望校に合格できますよう、願いを込めて祈ってます。

意味は字の如く

大願=神仏の加護によって叶えられることです。成就=望んだことが望んだとおりになることです。

先生は合格するみんなの笑顔待ってますよ!

 

 

0 コメント